コンテンツへ移動

オグロテツロウ 独占インタビュー

名前オグロテツロウ
出身地東京都出身
生年月日 1980年
主な担当番組– 怒り新党
– TVタックル
–ノンストップ
など

アンケートへの回答をもとにインタビュー取材

Q:放送作家になったきっかけは?

・何を仕事にしようか定まらなかった時に、
 初めて「これを目指したい!」と思えた職業が「放送作家」

・専門学校在学中から作家・リサーチ事務所で働くように。

Q:人生で1番好きだった番組は?

・めちゃ×2イケてるッ!


深田  アンケートに書かれている「何を仕事にしようか定まらなかった時」っていうのは何歳の時の話ですか?

オグロ 18歳頃の浪人時代の話ですね。何かしら目指さないといけない中で、とりあえず、手に職だ!と思って、薬学部志望で浪人していたんですけど、受験勉強が嫌いで嫌いで(笑)。強い意志があったわけでもないので、全然頑張れなかったんですよ。そんな浪人時代、テレビやラジオ番組にハガキを送っていたら、ちょこちょこ採用されることがあって。「これを職業にしたら楽しいだろうな」と思って、薬学部を目指すのを辞めて東放学園に行くことにしたんです。

深田  テレビスタッフを目指す人が通う専門学校ですね。

オグロ そうですね。その東放学園に、放送作家事務所の社長がゲスト講師としてくる授業があって、その事務所が「奇跡体験!アンビリバボー」のリサーチを担当していたので番組で使えそうなネタを調べて持ってたんですよ、講義の後に。そしたら、「目の付け所は悪くない」と言ってもらえて、その事務所にお世話になることになったんです。だから、テレビ業界での最初の仕事は「アンビリ」のリサーチでした。

深田  すごいですね。「アンビリ」のリサーチなんて死ぬほど大変だったでしょ?

オグロ いや~大変でしたね、毎週“奇跡の話”を探して提出する仕事なんで(笑)。僕が参加させてもらった時点で、もう何年もやっている番組だったので、わかりやすい調べ方はもう済んでるわけですよ。時間かけたからといって見つかるわけでもないし、めちゃくちゃ大変でした。でも、今思えばですけど、あの番組が1つ目の仕事でよかったなと思いますね。勉強にもなりましたし、あれよりしんどいと思う仕事はその後あまりないので。今も番組が続いているのがホントスゴイです。

深田  そうですよね。ではリサーチではなく構成で初めて関わった番組って何ですか?

オグロ 初めて台本を書かせてもらったのは「JAM The World」というラジオ番組のコーナーですね。テレビに関しては…あまりちゃんと覚えてないんですよね(笑)たぶん、通販番組だったような気がします。

深田  ちなみにオグロさんって学生時代はどんなキャラだったんですか?一説によると悪かったという話もありますが(笑)

オグロ それ(北本)かつらさんが言ってるだけですよ(笑)かなりおとなしい部類の人間だったと思います。

深田  オグロさん、穏やかですけど見た目はけっこう怖いし、東京の新宿出身だから「悪かった」って言われても不思議ではないですからね(笑)ちなみにお笑いは好きだったんですか?

オグロ お笑いも好きですよ。高校の時は、ナインティナインの「オールナイトニッポン」にハマってハガキを投稿してました。ナイナイは「とぶくすり」「殿様のフェロモン」くらいからずっと見てますね。他のテレビ番組だと子どもの頃は「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」、その後、「みなさんのおかげです」「ごっつええ感じ」・・といった感じで。