コンテンツへ移動

安部裕之 独占インタビュー

名前安部 裕之
あべ ひろゆき
出身地大分県出身
生年月日1976年4月3日
主な担当番組– トリビアの泉
– ジョブチューン
– 乃木坂工事中
– ナニコレ珍百景
など

アンケートへの回答をもとにインタビュー取材

Q:放送作家になったきっかけは?

日本テレビの採用試験を受けた際に知り合った
水田伸生さんに秋元康さんを紹介していただいた


深田 僕はこの話は安部さんからお聞きしたことがあるので存じ上げていますけど、かなり特殊な経緯で放送作家になられていますよね。東大法学部卒という話はのちほどお聞きしますので、まずは東大を卒業した後の話からお願いします。

安部 分かりました。僕は学歴で言えば問題ないはずだったんですけど、たぶん自己アピールみたいなのが得意じゃなくて、テレビ局や広告代理店はほぼ全て就職試験を受けたんですけど、ほとんど面接で落ちてしまったんです。それで唯一受かった音楽専門チャンネルのスペースシャワーTVに就職したんです。音楽は好きだったし、東大からスペースシャワーTVに就職っていう経歴も面白いかなと思ってそれなりにやる気を持って就職はしたんですけど、いざ働いてみると全然仕事が出来なくて。

深田 安部さんが仕事出来ないって想像できないですけど、どういう出来なさですか?

安部 まずはよく遅刻する(笑)今は直ったんですけど当時は朝起きれなかったんですよ。あとは僕が配属されたのが営業だったので、コミュニケーション力とメンタルのタフさが必要な仕事だったんですけどそれが僕には無かったんです。

深田 それで先輩から怒られて仕事が嫌になっていったんですか?

安部 いえ、先輩とか同僚はいい人ばかりで「はじめは仕事出来なくても仕方ないよ」っていう感じで優しくしてくれてたんですけど、1人で心が折れて会社に行くのが辛くなっていきましたね。それで入社半年で辞めちゃったんですよ。

深田 その後はしばらくフリーターですか?

安部 3年くらいフリーターをしていました。で、その当時、日テレが一時期だけ特殊な採用試験をやっていたんですけど、フリーター生活も3年経ってこのままだとヤバいぞと思い始めた頃に、その情報を知ったんです。60~70人くらいまで絞った段階でいくつかの班に分かれて、夏休みの期間を使って「番組制作実習」というのをやって、最後に班ごとに30分の番組を制作して発表するっていう採用方式だったんですけど、「これなら自分でもイケるんじゃないか?」って思ったんですね。ただ、その試験は新卒だけが受けられるものだったので年齢をウソついて受けたんです。

深田 それが凄いですよね(笑)

安部 その時、僕は確か26歳なんですけど、僕から見たら他の子たちはまだ現役の大学生ですから実習をやっていても「みんなまだ子供だな~」と思って(笑)26歳の僕は心の余裕が違ったわけですよ(笑)これなら受かりそうだなって手応えがあったんですよ。

深田 その年齢くらいの4、5歳の差は大きいですもんね(笑)

安部 それで13~14人くらいに絞られたところまで残って、あとは社長面接を残すだけとなった時に健康診断があったんです。その時に大学の卒業証明書を提出しなきゃいけなくて「これはここで正直に言うしかないな」と思って「実は年齢ウソついてました」って白状したんです。それで後日、人事担当の人から電話があって「人事部で話し合いをしましたが、採用は出来ないということになりました」と。

深田 まあ、そうなっちゃいますよね。

安部 そしたら、番組制作実習で僕のいた班についてくれていた日テレ社員の水田伸生さんという方から電話があって「中途採用の試験を受けないか?」と言ってくださって。

深田 芦田愛菜ちゃんのドラマ「Mother」とか映画の「舞妓Haaaan!!!」を監督した凄い方ですよね?

安部 そうです。ただ、中途採用の試験も結局落ちちゃって(笑)その後にまた水田さんから連絡があって「君は放送作家が向いていると思うから秋元康さんを紹介するよ」とおっしゃってくれて。それで秋元さんの事務所に所属させていただくことになったんです。

深田 凄い経歴ですよね。そこからどうやって番組に入れてもらったんですか?

安部 秋元さんが放送作家として担当されていた「とんねるずのみなさんのおかげでした」の会議に連れて行ってもらって、1番下っ端の作家として入らせてもらいました。

深田 そこから仕事が広がった感じですか?

安部 確か最初の1~2年は全然広がらなかったと思いますね。「みなさん~」の会議でいつも座る席が酒井健作さんの隣だったんですけど、健作さんの出す宿題がいつも面白いなと思っていて、この人に自分の考えたことを伝えたいと思って、会議中に思いついた番組企画案をメモみたいに書いて渡していたんです。授業中に先生に隠れてメモを回すような感覚で。そんなことをやっていたら僕の考えることを面白がってくれて、健作さんが企画会議に呼んでくれるようになったり、「トリビアの泉」にも呼んでくださったんですよ。そこから色々な仕事に呼んでもらえるようになったので酒井健作さんは恩人ですね。放送作家になって初めて「安部君の考えることは面白いからやっていけると思うよ」と言ってくださった人です。

深田 ちなみに安部さんが知り合った頃の秋元さんは何をやられている時期ですか?

安部 ちょうどAKB48を立ち上げるくらいの時期ですよ。だから、僕はAKB48の1回目の公演も現場で見に行ってますしね。

深田 あの7人しかお客さんがいなかったっていう伝説の初公演ですよね?そこに立ち会ってるって凄いですね!

 

澤井直人 独占インタビュー

名前澤井 直人
さわい なおと
出身地京都府出身
(地元:滋賀県)
生年月日1990年5月25日
主な担当番組– 世界の何だコレ!?ミステリー
– どうぶつピース
– シブザイル
など

アンケートへの回答をもとにインタビュー取材

Q:放送作家になったきっかけは?

・キスお化け屋敷
・深夜時代のすべらない話の宮川大輔さん
・なかよしビクトリーズさん(元オレンジサンセット)

Q:人生で1番好きだったテレビ番組は?

・人志松本のすべらない話
・ふくらむスクラム(いちばんスクラム)
・M-1グランプリ
・ミスタービーン


深田 アンケートに書いている「キスお化け屋敷」っていうのは何ですか?

澤井 小学校の頃の話なんですが…。これが、企画!?というものを最初に考えた原体験なんですよ。

深田 なんか面白そうですね(笑)ちなみに澤井さんはどんな小学生だったんですか?

澤井 自分で言うのも何ですが…小学生の頃は、クラスメイトたちを束ねるのが好きな、いわゆる“明るくて人気者”だったんですよね。面白いかどうかは別として…(笑)

深田 へぇ~。放送作家になる人の中では珍しいような気がします(笑)

澤井 そんなこともあって学校終わりはいつも友達が僕の家に遊びに来ていたんですけど、ある時期から飽きてみんな来なくなってきていたんです。それで友達を呼び戻すためになんか面白いことをやりたいなと思っていたんですけど、そこで考えたのがお化け屋敷で。手作りのお化け屋敷を作って遊んでいたんです。

深田 そこまでは小学生っぽくていいですね(笑)

澤井 そのお化け屋敷のことを学校でクラスメイトの女子に話したら「私も混ぜて欲しい」と言ってきました。でも、その女の子は少女漫画がすごい好きで、キスへの憧れを強く持っていた女の子だったんですよ。

深田 ほぉ(笑)

澤井 それを聞いてお化け屋敷のゴールにその女の子が待っていて、ゴールしたらその子がキスしてくれる「キスお化け屋敷」っていうのを考えたんです(笑)

深田 もうちょい詳しくシステムを聞いていいですか?(笑)

澤井 男子がお化け屋敷に入る時は目隠しをして手を後ろで縛った状態で進むんです。ゴールには灯りがあって、その光に向かって進むんです。それでゴールしたら女の子が唇にキスしてくれるんですよ。だから、男子はキスしてくれたのが誰か全く分からないんです。もっと言えば、今も当時の友達はキスしてたのが誰か知らないんですよ。その女の子は別に隠して欲しいって思ってなかったんですけど、僕はその子のプライバシーを守ってあげようと思って一切誰にも言ってないので。

深田 そこはちゃんとしてますね(笑)

澤井 その「キスお化け屋敷」が一大ブームになって、同い年だけじゃなく先輩もうちに遊びに来てくれるようになったりしてすごく嬉しかったんですよ。僕の人生において人を楽しませるという成功体験を初めてしたのが「キスお化け屋敷」だったんです。

深田 面白いですね。なかなか切れ味鋭い話だと思います。それで具体的に放送作家を目指したきっかけは?

澤井 僕の通っていた高校が京都にある進学校で、みんな東大・京大・早稲田・慶応とかを目指すような感じで、僕も早稲田を目指してたんですよ。でも現役では合格できなくて、特に何がしたいとかもないまま、浪人することにしたんですね。その浪人時代にテレビで見たのが「ふくらむスクラム!!」という番組で。

深田 あ~、分かります。フジテレビでめちゃイケ、はねるのトびらを生んだ「新しい波シリーズ」から派生した番組ですね。前田敦子さん、かまいたちさん、ニッチェさんが出ていた。

澤井 そうです。僕が見た時にやっていた企画が、芸人さんがふんどしに火をつけて、火がお尻に到達するギリギリまで粘って海に飛び込んで火を消す企画だったんです。そこで、オレンジサンセットというコンビの岡田さんがギリギリまで我慢しすぎて火だるまになってたんですよ。それを見て腹ちぎれるくらい爆笑しました。後で調べてみたらその岡田さんが僕と同い年だったんです。自分と同い年の人がテレビでそんな面白いことをやっているのが凄くカッコよくて!それで僕もお笑いの道に行きたいなと思ったんです。

深田 それもまた面白いきっかけですね。「お笑いの道」っていうのは最初は芸人を目指したんですか?

澤井 最初から放送作家にはなりたかったんですけど、まずは大阪のNSCに入ったんです。鈴木おさむさんが放送作家をやる前に芸人の気持ちを分かるために芸人として舞台に出てた、みたいな話を知って、僕もまず芸人を経験してみようと思って。

深田 なんか取る行動がいちいち面白いですね(笑)NSCの何期生ですか?

澤井 大阪NSC35期です。同期はゆりやん、ガンバレルーヤ、かが屋の加賀君、からし蓮根、ラニーノーズとかがいました。

深田 お~、豊作の年ですね。ちなみにその年はゆりやんが主席で卒業しているんですよね?NSC時代から面白かったですか?

澤井 そうですね、圧倒的に面白かったですよ。NSCのときってみんな尖っていて、他の芸であまり笑ったりしないんですが、ゆりやんがネタをやるときはみんなかぶりついて見ていましたね!あと、かが屋の加賀くん!NSCって全部で7クラスあったんですけど、たまたま同じクラスで。多分最初の3か月くらいでNSCはやめているんですけど…ネタ見せて1人でやっていた“センターマイクさん”ってコントが衝撃的でした。東京に来て、数年後“かが屋”をテレビ見て声を出して驚いたのを覚えています。

深田 NSCを卒業した後は?

澤井 卒業後に上京して最初はヨシモト無限大ホールでバイトしていたんですけど、2か月くらいで辞めまして(笑)その後、オレンジサンセットの岡田さんにTwitterでDMを送ったんです。僕が放送作家を目指した経緯とかも書いて、それで「お話させてください!」ってお願いしたら返事をくれて。それで渋谷のドトールでお茶しましたね。その出会いからは…岡田さんとは毎日のように新宿で会ってネタの話や、お笑いの話を朝から夜までしていましたね。話したりず…バイトも一緒のラーメン屋で働いていました。タイミングもよく、オレンジサンセットさんが主催の新宿バティオスでやる若手芸人のお笑いライブのお手伝いをさせてもらうようになったんです。そこで色々な芸人さんと一緒にコーナーとか考えたり、ライブ終わった後に皆でお笑いの話しながら歌舞伎町にある“めだか”って安い居酒屋でライブのことについて話し合ってました。お金はほんとなかったですが、青春でしたね。

深田 行動力も凄いし、ちゃんとそれが実ってますね。そこからどうやってテレビの放送作家をやるようになったんですか?

澤井 それも僕が好きな番組をやっている放送作家の方に何人かDMを送ったんですよ。その中で唯一、丁寧に返信をくれたのが竹村武司さんでした。

深田 優しいな~。

澤井 いきなり、TBSの企画会議に呼んでくださって、そこで企画書のフォーマットを見せて頂いてずっとそれを真似して企画書の練習してましたね。

深田 行動力もすごいし、澤井さんは努力も凄いですよね。企画書もめちゃくちゃ書いてたんでしょ?

澤井 何年か前までは、年間400本ペースで書いてましたね。もう今はそんな数書けませんが…。

深田 テレビ関係の人は分かると思いますが、異常者のレベルですよね(笑)年間400本は一握りの変人しか到達できない領域ですよ。

長崎周成 独占インタビュー

名前長崎 周成
ながさきしゅうせい
出身地兵庫県神戸市東灘区出身
生年月日 1991年6月30日
主な担当番組– フワちゃんTV
– アオハルTV
– ZIP!
– サムライバスターズ
など

アンケートへの回答をもとにインタビュー取材

Q:放送作家になったきっかけは?

100円のラジオを買い、
たまたま聞こえてきた「くりぃむしちゅーのANN」を聞いて。

Q:人生で1番好きだったテレビ

あらびき団、麒麟の部屋、千鳥のぼっけぇTV、横丁へよ〜こちょ、シャバダバの空に、せやねん、トリビアの泉、学校へ行こう、ガキの使い、働くおっさん劇場、全然1番が決め切れません。


深田 アンケートに書いている「100円のラジオを買った」っていうのはいつのお話ですか?

長崎 中学2年の時ですね。ある時、100均で商品を見て回っていたら、ラジオが100円で売っているのに気づいたんですよ。その時の僕のお小遣いが月300円だったんですけど、ラジオとイヤホンと電池の3つを300円で買いまして。早速その日の夜にラジオを聴いてみたんです。そしたらたまま聞こえてきたのが、くりぃむしちゅーさんのオールナイトニッポンだったんです。

 ほぉ。

長崎 親に隠れて布団の中でこっそりゲラゲラ笑ってました。録音して登下校中、何度も何度も繰り返し聴いて。全159回を10周以上聴いてお気に入り回のオープニングトークは自然と口ずさんでいる時もありました(笑)。それでずっと聴いているうちに横で笑っている人がいることに気づいて、それが放送作家の方だったんですね。初めて放送作家という存在を知りました。

深田 僕はそんなにラジオっ子では無いので知らなかったんですけど、ラジオで放送作家の存在を知るって、けっこうあるあるみたいですね。

長崎 きっかけとしては放送作家あるあるなのかもしれませんね。その後、テレビにも放送作家がいるということを知って、漠然と僕も「面白いモノを作る人間になりたい」と思うようになりました。最初から放送作家になりたいと思ったというより、出演者なのか裏方なのかわからないですがとにかく面白いモノを作りたいと思った感じです。

深田 学生時代はコンビを組んで漫才をやってたんですよね?

長崎 はい、なので高校生の時にまず出る側からやってみました。その時の相方はナミダバシの太朗という名前で今は吉本の芸人で頑張ってます。大学の時も別のコンビを組んでいて、テレビ朝日の「学生HEROS!」という番組にも学生芸人として出演させてもらいました。大学の頃、霜降り明星と合同ライブをやっていた時期もありました。

深田 へぇ~、そうなんですね。今から10年くらい前ですよね?霜降り明星はその頃から面白かったですか?

長崎 面白かったです。ワッハ上方という小さい演芸場だったのですが、ウケ過ぎて壁がビリビリと振動していました。

深田 あ~、やっぱりそうなんですね。大学卒業後はプロの芸人は目指さなかったんですか?

長崎 はい、好きではありましたが圧倒的に向いてなかったです。心臓が芸人ではなかったので(笑)。大学卒業後は一度、制作会社にも入ってADも経験したんですが企画を考えている時が1番楽しいと思えたので、自分は放送作家の道を選びました。それでADを辞める前から放送作家としての名刺を作って、ディレクターさんに配っていたら、同世代の日テレの局員さんが特番に呼んでくれて。それが放送作家デビューですね。

深田 ADを辞める前から放送作家の名刺作ったっていうエピソードは、やっぱバイタリティーがあるというか、頭がいい感じしますね(笑)。