名前堀江 B面
ほりえびーめん
出身地愛知県名古屋市
生年月日1980年12月14日
主な担当番組 – 笑ってはいけないシリーズ
– ニノさん
– ワラッチャオ!
– フットンダ
など

アンケートへの回答をもとにインタビュー取材

Q:放送作家になったきっかけは?

吉本で芸人をやっていましたが、出るより作るほうが面白いじゃんと
思ってしまったから。

Q:人生で1番好きだったテレビ番組は?

ごっつええ感じ一択です。


 吉本で芸人をやられていたとのことですが、NSCの何期生なんですか?

 東京NSC6期生ですね。とにかく明るい安村が同期です。大阪組だと友近、ムーディー勝山が同期ですね。

 高校を卒業してすぐにNSCに入られたんですか?

 大学に入ったんですけど1年で辞めて、名古屋から東京に出てきて19歳でNSCに入りました。僕の芸人デビューは新宿のルミネtheよしもとのオープンと同じ時期だったんですよ。

 芸人をやってみてどうでした?

 めちゃくちゃ楽しかったですね。元々僕は知的好奇心はある方だと思っているんですけど、お笑いを研究している感じがとても楽しかったんですよね。

 それで芸人を辞めることになったきっかけは?

 自分の中で芸人としての色々な思いがあって、吉本以外の事務所に移籍しようと思ったんですけど、仲が良かった芸人を何人か誘っても、一緒についてきてくれる人が誰もいなくて(笑)それで放送作家という選択肢も浮かんだんですよね。放送作家になったら色んな芸人のネタも考えられるし、さっき「お笑いを研究するのが楽しかった」と言いましたけど、僕は演じるよりも、お笑いを考える方が好きなのかなと思ったんですよ。

 あー、なるほど。

 それで芸人を辞めて、芸人時代から可愛がってもらっていた先輩の、ライセンスさんやトータルテンボスさんの座付き作家を始めて、吉本の劇場周りで色々お仕事をさせてもらって、のちにテレビのお仕事にも呼んでもらうようになりました。

 放送作家として1本目のテレビの仕事は何ですか?

 ココリコの遠藤さんが出演されていた「ラブちぇん」という、名古屋テレビ(メ~テレ)の番組ですね。

 あ~、けっこう話題になった番組ですよね。2組の夫婦が夫婦を交換して生活するっていう。

 そうですね。テレビの仕事も若手の頃から吉本絡みの番組に関わらせていただくことが多かったですね。