名前興津 豪乃
おきつ ひでのり
出身地千葉県
生年月日1975年5月22日
主な担当番組– ロンドンハーツ
– 和風総本家
– 家、ついて行ってイイですか?
– 水曜日のダウンタウン

Q:今まで自分が通した中でベストな企画は?

特にないですし、採用してもらって自分の手から離れた時点で
それはもう、演出やディレクターのものであるとも思います。

Q:ディレクターやプロデューサーにアピールしたいことは?

アピールというよりエピソードですけど、
マキシマム ザ ホルモンが好きだと言い続けていたら
シオプロの塩谷さんからマキシマム ザ ホルモンがらみの
お仕事に誘ってもらいました。


田 僕ごときが失礼ですが、このアンケートの答えは「興津さんらしい」と思ってしまいました。もちろん、デリケートな質問なので答えにくいアンケートだというのも重々承知してますが。

津 僕も若い頃は自分が発案した企画を「自分の手柄と思ってもらいたい」という気持ちは強かったですけど、今はあまりそういう気持ちもなくて。自分から言わずとも他の人が「あれは興津の企画らしいよ」って、言ってくれたなら嬉しいな、ぐらいで。

田 放送作家としては、テレビ番組はディレクターのものという意識があるから「自分の作品と言えるものがない」というコンプレックスを持っている方も多いですけど、興津さんはそういうの無いですか?

津 無いですね~。番組はディレクターのものだとは、まさにその通りだと思いますし、放送作家の役割っていうのはディレクターのやりたいことを具現化するためのサポートだと思っていますので。マジシャンにマジックのネタだけ提供してるマジック作家っているじゃないですか?放送作家ってあれでいいと思うんですよね。パフォーマンスを披露して喝采を浴びるのは、演出であり、ディレクターでいいんですよ。

田 あー、なるほど。

津 あと放送作家って、自分の企画案とかネタ案が通っていない時期もギャラ貰ってるじゃないですか?僕も「やばいこの番組で2か月くらい企画通ってないな」っていう時期もよくありますけど、その間もお金貰ってますからね。そこを忘れて、俺が俺がと主張してはいけないなと思います。