名前谷田 彰吾
たにだ しょうご
出身地神奈川県横浜市
生年月日1980年6月3日
主な担当番組– 中田敦彦のYouTube大学
– まふまふの『ひきこもりでも◯◯したい!』
– 青春高校3年C組
など

【取材後記】

あくまで個人の感想だが…
“放送作家”とは、何かしらのコンプレックスを抱えた者がなる職業だと思う。

だって、小学生で「放送作家になりたい」って思う人なんていない。

人生のどこかで抱えてしまったコンプレックスだったり、
夢破れた悲しさだったり、負い目や引け目・鬱屈などを経て辿り着くような職業だと思うのだ(あくまで本当に個人の感想だが)

順風満帆な人生を歩み、
常に明るく生きてきた人が辿り着く職業だとはあまり思えない。
(放送作家のみなさん、すみません)

根っから明るい人って放送作家には滅多にいない。
僕にとって谷田さんの第一印象はその“滅多”な存在だった。
そう、滅多谷田だったのだ。

『実家帰れ』と無数に書かれた帽子をかぶり、
会議ではいつも明るく楽しそうに合いの手を入れる。

「こりゃあ完全に僕とは違う人種だな~」
そう思っていた。

しかしある時、谷田さんとガッチリ雑談をする機会があり、
詳しく話を聞いてみると…

谷田さんはコンプレックスにまみれた人間だった。
(あくまで放送作家としてのコンプレックスだと思うが)

そして、そのコンプレックスを原動力として、
自分の居場所を見つけようと必死でもがき続けてきたという、
何とも“放送作家的”な人種だった。

そう、滅多谷田ではなかったのだ。

…反省してます。
所詮、ぼくなんかに人を見た目で判断する力なんて無いってこと。

自称「邪道を歩んできた」という谷田さんの話は
他の放送作家からは聞けない新鮮なものばかりだった。

そんな、テレビ以外の世界を色々見てきた谷田さんが
「テレビマンの能力は凄い」と言っていることは
テレビマンとして素直に嬉しかったし、

「テレビの外の世界とテレビマンの架け橋になります」
と言い切る谷田さんを素直にカッコいいと思った。

谷田さんがこれからどんな場所に辿り着くのか?
そして、僕たちテレビマンをどんな場所に連れていってくれるのか?

色々、楽しみにしてますね。

深田憲作