名前勝木 友香
かつき ゆうか
出身地福岡県
生年月日1978年9月11日
主な担当番組– 林修の今でしょ講座
– ホンマでっか!?TV
– 浜ちゃんが
など

Q:今後の放送作家としての展望や人生の目標は?

小説の賞でもう一度、ファイナリストになること。
選考会の日のドキドキ感が最高にスリリング!

Q:今後、関わってみたい番組は?

時間が許すことなら、「ポツンと一軒家」みたいな番組で実際に
探すところをやりたい。

Q:まだ出来ていないけどいつか仕事をしてみたい芸能人は?

マツコ・デラックスさん


 勝木さん、小説を書かれてるんですね?

 出版はしてないんですけど4作ほど書いていて、賞に応募してるんです。1作目は「小説現代」の長編新人賞で最終選考まで残ったんですよ。

 へぇ~、それ応募総数どれくらいですか?

 確か1000通くらいだったと思います。

 それは凄いですね~!

 担当の方に聞いたんですけど、角田光代さんが「感動した」って言ってくださったり、伊集院静さんも私の作品をけっこう推してくださったみたいで。「いつかこの作家はいい作品を残すと思うから書き続けて欲しい」って。

 それは感動ですね。

 2作目もポプラ社の賞に応募して最終選考まで残ったんですけど、いつか賞を獲って出版したいなと思ってるんです。

 ちなみに4作はそれぞれどんなジャンルのお話ですか?

 1作目が家族もの。2作目が女の人生。3作目がミステリー。4作目がロードムービーですね。全部書いてる内容はバラバラです。

 小説を書くってめちゃくちゃ労力かかるじゃないですか?小説を書こうと思ったきっかけってなんだったんですか?

 多くの放送作家の方が思ってらっしゃることですけど、放送作家って自分の作品と言えるものがないじゃないですか?

 はい、みなさんその憂いは持たれてますね。

 そういう思いもありましたし、3年くらい前に、ある番組でプロデューサーが替わったのを機に、制作体制を少し変えるとなって、私も番組から外されちゃったんですね。その時の悲しさとか悔しさもあったし、「勝木は書けない」と思われてるのを見返してやりたいという思いもあって、小説を書こうと思ったんです。

 そういうド根性みたいなのあるんですね。「別に他人からどう思われてもいいし」っていう感じではなく。

 そうですね。さっきも言いましたけど、けっこう泥臭い人間だと自分では思ってますよ。だから、言ってしまえば小説も知り合いを辿れば、今でも出版をすることは可能かもしれないですけど、何年かかってもいいから、私のことを知らない人に評価してもらって、出版にこぎつけたいという思いがありますね。

 そこはイメージと違いましたね。確かに泥臭い感じというか、そういうのあるんですね。

 先ほども言いましたけど、楽して生きてる風に見られがちだと思うんですけど、自分ではそんなことないと思ってますからね(笑)

 申し訳ないですけど、ぼくも「ビジュアルで生きてきたんだろうな~」みたいなのは、数分前まで思ってましたよ(笑)

 数分前まで!?(笑)

 だって実際、少なくとも恋愛では普通の人よりは苦労してないのは、事実でしょ?

 それもそんなことないんですよ(笑)それはまたの機会にお話ししますけど(笑)

 いや、それはきっとかなり高いレベルの苦労ですよ(笑)でも、今日話を聞いてみて、「何も苦労してない嫌な女」ではない気がしてきましたよ(笑)

 明日からいろんな方に「そうじゃなさそうだよ」って言ってくださいね(笑)

 言います言います。でも、まあ美人に生まれた宿命ですから、ある程度はそう思われるのは諦めてください(笑)

 まあ、昨日今日、美人になったわけじゃないですしね(笑)

 いいですね~(笑)