名前勝木 友香
かつき ゆうか
出身地福岡県
生年月日1978年9月11日
主な担当番組– 林修の今でしょ講座
– ホンマでっか!?TV
– 浜ちゃんが
など

Q:今まで自分が通した中でベストな企画は?

「生きてるうちに連れてって」(特番)

Q:ディレクターやプロデューサーにアピールしたいことは?

・案外、ナレーション書くのは好きです。
・フードコーディネーター・家庭料理技能検定・和菓子職人など取得
・書かない作家と思われがちですが、実働しますよ。

Q:放送作家になってから1番嬉しかったことは?

とある番組で演出が「できる限りすべてのVTRを勝木に書かせろ。
勝木のナレーションが一番泣けるから」と裏で言っていたことを知った時。


 アンケートを見ると、ナレーションが得意なんですか?

 得意と言えるかどうかは分からないですけど、好きですね。

 この1番嬉しかったことの話もカッコいいですね。

 これは、名だたる放送作家の方が8人くらいいた特番だったんですけど、確か12ネタぐらいある中の10ネタくらい、私が担当だったんですよ。最初は「これは他の人がやりたくない作業を押し付けられてるのかな?」とか思ってたんですけど。仲が良かったAPの子から、演出の方が「勝木のナレーションが1番泣けるから、出来るだけ勝木に書かせろ」って言ってたっていう話を聞いて、これはめちゃくちゃ嬉しかったですね。初めて放送作家としてちゃんと評価してもらった気分でしたね。

 それは嬉しいですね。勝木さんが小説を書かれているっていう話は、のちほどしっかりお聞きしますけど、元々文章を書くのが得意という自覚はあったんですか?

 いや、無いですね。学生の頃、国語の成績はよかったんですけど。

 それも「たまたま才能あった」っていう天才のエピソードみたいで、やな感じしますね(笑)

 (笑)

 料理に関しては、もうすぐ本を出されるんですよね?

 はい、9月11日に「おうちで作れる 野菜の和菓子」という、レシピ本を出します。

 これはいい告知タイミングで取材させてもらいましたね(笑)元々料理が好きだったんですか?

 はい、子供の頃から好きでした。榊原郁恵さんと井森美幸さんの「お料理BAN!BAN!」とか、「愛のエプロン」とか「料理の鉄人」とか好きでよく見てましたし、誰に教わったわけでもないんですけどよく料理していたので、それなりに技術はあったんですよ。それで放送作家の仕事始めてから「嗚呼!花の料理人」っていう番組で、一流の料理人の方にたくさん取材させてもらって、その人たちが何十年もかけて磨いた料理の極意を聞くことが出来たんですよ。表面的にではありますけどそれを盗ませてもらって、さらに技術もつきましたし、ますます料理が好きになりましたね。

 料理では出演する側もやられてるんですよね?

 2年ほど前にミニ枠で出させてもらっていた時期がありました。フェイスブックで自分が作った料理を公開したりして、身近な人たちの中では料理キャラになっていたので。

 ちなみに、今は演者側としての意欲というか、タレントとしてのモチベーションはあるんですか?

 基本はないんです。料理などで自分が楽しめるものならっていう感じですね。