名前町田 裕章
まちだ ひろあき
出身地埼玉県
生年月日 1974年7月25日
主な担当番組 – ロンドンハーツ 
– アメトーーク 
– VS嵐
など

Q:仕事を始めてから1番衝撃を受けたディレクターは?

衝撃とは違いますが・・
ロンドンハーツ演出の加地さんと朝倉さん


 アメトーーク・ロンハーの加地さんとは、加地さんがAD時代からのお付き合いとのことですけど、当時から優秀だなって感じありました?

 どうだろう…今思えば優秀だったんだろうけど、僕にとっては加地さんとか朝倉さんが初めて出会った業界人だから、そこがデフォルトだし、当時はそういう比較対象も無かったからね。でも、昔から加地さんは言ってることもやってることも、今とあんまり変わってないと思う。

 関係性で言うと町田さんと加地さんはどんな感じですか?

 中1の時の中3の先輩ぐらいの感じ?(笑)テレビのいろはは、ほぼ2人から学んだと思う。勝手にだけど。

 ディレクターの優秀さにも、編集がうまい、企画力がある、現場の空気を作るのがうまい、とか、色々あると思いますけど、加地さんはディレクターとして何に長けている方だと思いますか?

 編集とか技術的なことは僕はわからないから、僕でもわかることで言えば「番組の運営力」とかかな?テレビ番組って、映画とかと違って、毎週オンエアをし続けて、結果も出さなくてはいけないじゃない?だから、ある程度は長期的なプランで作っていく必要があって、予算とか企画のラインナップとか新人発掘とか、そういうのを俯瞰で捉えながら番組運営している感じがしますね。プロ野球の監督じゃないけどシーズンでの勝ち越しを目指すみたいな。この試合は負けてもいいから攻めた実験企画をやろうとか。
   
 なるほど。

 作家の立場で言うと「ネタの発注が的確」とか?「今、番組がこういう状況だからこういう企画が欲しい」とか、宿題の意図が明確だから作家は考え甲斐があると思います。正直、何も考えがないのか、ざっくり発注する人も多いじゃん?

 そうですね(笑)

 あとは「演者さんへのリスペクト」ですかね。これは一例だけど、例えば演者さんへのアンケートひとつでも「質問が多すぎるのは失礼だ」と言うし、貰ったアンケートの答えは、極力番組構成に反映させてあげようとする。だから逆に、アメトーークのアンケートを、いい加減に書いてくる演者さんもいないんだと思います。

 素晴らしいですね(笑)

 それで言うと、演者さんがアンケートを適当に書いてきたら、その人にガッカリしたりするでしょ?実はこの「放送作家名鑑」のアンケートもさ、けっこう難しかったのよ(笑)けど、言ったらこれは深田の思い入れある企画じゃない?だからちゃんとアンケート書かなきゃ失礼だと思って全部書いた。

 項目に全部記入してくれてますもんね(笑)ありがとうございます。