名前藤原 ちぼり
ふじわら ちぼり
出身地岡山県岡山市
生年月日1979年6月17日
主な担当番組– サラリーマンNEO
– となりのシムラ
– 笑アニさまがやってくる
など

【取材後記】

藤原さんと話しているときの感覚は、限りなく“友達”に近い。

お互いに敬語で話す仲なのだが、
一緒にいる時の心地良さとか空気感は“友達”に分類される。

なので、ぼくは勝手に友達扱いをしている。

しかし、よく考えると、
ぼくはそんな“友達”とちゃんと仕事をしたことはない。

よくよく考えると、
会った回数は10回ほどしかない。

よくよくよく考えると、
飲みの席で知り合った瞬間から“友達”のような感覚があった。

なぜか?

それは…ひとえに藤原さんが“いい人”だからだ。

取材後記を書くにあたって、本編記事を何度も見返してみたが、
「放送作家になったきかっけ」も
「放送作家になるために作っていた“夢手帳”」も
「妖怪の話」も
全部、その真面目さやピュアさが出てしまっている。

この取材で自分のことを話すのにも、
汗を流しながら(太っているせいもあるが)
1つ1つ丁寧に、一生懸命に、言葉を選びながら話してくれた。

ぼくはちゃんと仕事をしたことがないけど、
取材中のこの姿を見ると、
「こんな風にいつも仕事しているんだろうな~」と思った。

きっと、コントのセリフ1文字1文字に、
汗を流しながら、こだわり、丁寧に、仕事をしているんだろう。

たぶん、いや、絶対に器用なタイプではないはず。

でも、ぼくがプロデューサーやディレクターなら、
こういう人間に仕事を任せたいなと思う。

「この人に任せたら成功するだろうな」というより、
「この人に任せて失敗しても後悔しないだろうな」と思える人だから。

でも、やっぱり藤原さんの汗はあんま見たくないから痩せて欲しい。

健康に長生きもして欲しいですしね。

友達なんで。

深田憲作